女性の味方「ヨモギ」

日本のハーブの代表といえば、ヨモギです。

誰もが一度は食べたことがあると思います。

(ヨモギ大福やヨモギ餅などは有名ですね)

 

しかし、誰でも知っているヨモギ。実は

「ハーブの女王」と言われていることは、あまり知られておりません。

驚きの薬効があり、しかも女性にとっては嬉しい効果が期待できるのです。

 

■ よもぎに含まれている主な成分
・クロロフィル(血液浄化、抗アレルギー作用、殺菌作用、免疫力強化、コレステロール値の低下など)
・食物繊維(便秘の解消、肥満防止、など)
・タンニン(過酸化脂質の生成抑制、ヒスタミンの発生抑制、など)
・ビタミン(ビタミンA・B1・B2・C)
・カロテン(抗酸化作用、免疫機能維持、など)
・シネオール(利尿作用、コレステロール排出、ダイエットなど)
・コリン(動脈硬化抑制、など)
・アルテミシニン(抗ガン作用)

 

そして、食べ物の陰陽からヨモギを見ると

陽性の部類に入ります。しかも、極陽です。

 ■陽性→体を温める。寒い地域で取れるもの

 ■陰性→体を冷やす。熱い地域で取れるもの

 ■中庸→陽性と陰性の中間。

 

食べ物の陰陽は、どちらがいい、というものではなく、

バランスよく摂取し、全体的に中庸に近づけられたら理想です。

しかし現代の食文化では、陰性に偏りすぎになりがちです。

つまり、意識しないと体が冷える傾向に偏ってしまうということです。

 

特に女性の場合は、体を温めることはとても大切。

 

甘いもの、南の地域で取れた食品や飲料、白い精製されたもの。

女性が特に好む食べ物ですが(笑

 

最近は、どこに行ってもコーヒーショップが軒を連ね、

いつでもどこでも安価に手軽にコーヒーを飲むことができますが

コーヒーは南の熱い地域の食品。

体を冷やす作用が強いのです。

女性の体が冷えるということは、子宮も冷やします。

現代の女性に子宮疾患が多いのも頷けますね。

 

鉄分やミネラルが豊富で

体を温めてくれる作用のあるヨモギ茶。

今は漢方薬局や通販で手軽に購入することができます。

 

今日のティータイムは、コーヒーの代わりに

ヨモギ茶をぜひ、いかがでしょうか。

日本古来より、日本の土地に根ざしてきたヨモギは、

日本人のDNAときっと相性がいいのではないかと思うのです。

 

関連記事

  1. 始めよう!水素水で美と健康習慣

  2. 【中1男子vs伝説の薬剤師】

  3. 大切なペットの健康

  4. 体内のミトコンドリアを増やして 元気になるための3つの方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 健康

    体内のミトコンドリアを増やして 元気になるための…
  2. 未分類

    春の代謝〜肝臓と水素水の関係
  3. 健康

    女性の味方「ヨモギ」
  4. 健康

    【中1男子vs伝説の薬剤師】