美くびれ黄金化

 

 

人が、「美しい」と感じる黄金比率があります。

建造物も、デザインも、その黄金比を用いて作られています。

 

 

黄金比=1:1.1618

 

かの有名な、

パルテノン神殿

ミロのヴィーナス

凱旋門

ピラミッド

モナリザの顔

サグラダファミリア大聖堂

 

全てこの黄金比率によって造られています。

 

そう、人が視覚から捉える物には「美しく見える」法則があるのです。

 

 何となく「美しい」と思う物には、

なんと、数学的な共通点があったんですね。

 

 

では、くびれ黄金比ってご存知ですか?

くびれとお尻の対比がより美しく見える比率のことです。

 

理想は、7:10 (くびれ7:お尻10)

 

大体の計算ですと、

【ウエスト】:【ヒップ】

 59.0 : 84.0

 59.5 : 85.0

 60.0 : 85.7

 60.5 : 86.4

 61.0 : 87.1

   61.5 : 87.85

 62.0 : 88.57

 

と、このようになりますね

 

そしてこの比率の差が大きくなればなるほど、違和感を感じます。

 

例えば、6.8:10の比率(ウエスト59センチ:お尻86.5センチ)

になると、より目立つようになります。

 

要は、実際のウエストの細さ、お尻の小ささにこだわるよりも

この比率に沿った、ボディメイクをお勧めします。

 

人はそれぞれユニークな存在ですから、

体質や身長など、素材はみんな異なります。

 

全体的に細くても、全体的にふくよかでも、

比率が10:10だと、全く女性らしいボディラインには見えません。

 

医学的に認められたこの比率。

視覚的効果を利用しない手はありませんよ!

 

 

コメント

    • あこ
    • 2019年 1月 27日

    フィボナッチ数ですね。

      • dream
      • 2019年 3月 04日

      あこ様 コメントありがとうございます。フィボナッチ数列と黄金比には深い関係があったのですね。数学と見た目の美くびれの関係、面白いですね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 未分類

    春の代謝〜肝臓と水素水の関係
  2. 健康

    女性の味方「ヨモギ」
  3. 健康

    【中1男子vs伝説の薬剤師】
  4. 老化

    水素水と骨密度の関係