水素医療が進む

【水素医療】

関西テレビより最新情報

大阪大学の研究グループは、
動物の体内で水素を発生させたところ、
腎臓病などの悪化を抑える効果があったと
発表しました。

https://www.ktv.jp/news/articles/487d90e2f02f4cfaa1dbb343c81f2eb7.html

大阪大学産業科学研究所の小林光教授らの
研究グループによると、
人の体にある活性酸素は
免疫機能として働く一方、
増えすぎると細胞を傷つけ様々な
病気を引き起こすとしています。

研究グループは、活性酸素を
消滅させるには体内で水素を
長時間発生させ続けることが有効だと考え、
これを可能にする「シリコン製剤」と
呼ばれる薬を腎臓病のラットに投与しました。

その結果、ラットは腎不全の
発症が抑えられたほか、
腎機能もよい状態で保たれていたということです。

活性酸素を減らすことが
新型コロナウイルスの重症化を防ぐ
可能性もあるとして、研究グループは
「様々な病気に発展させたい」としています。

https://www.ktv.jp/news/articles/487d90e2f02f4cfaa1dbb343c81f2eb7.html

関連記事

  1. 水素発生スティック(60兆の瞳)

  2. オンライン診療の必要性

  3. 大切なペットの健康

  4. コロナに勝つには身体(細胞)を元気にする

  5. 【水素】宇宙一小さな分子

  6. 水素・水素水を手軽に取り入れて、免疫力の高いカラダへ

  7. 春の代謝〜肝臓と水素水の関係

  8. 水素水を飲む習慣をつけましょう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。