水素・水素水を手軽に取り入れて、免疫力の高いカラダへ

免疫力こ高いカラダへ導きましょう

基本的な感染予防策としては、

・手洗い

・うがい

・マスク着用

などが主にあげられますが、感染症にかからないようにするためには、やはりご自身の免疫力をアップさせることが最も大切です。

免疫力を高める主な方法

1.体温維持

風邪をひいた時に熱が出るのは、カラダの免疫細胞が、カラダに侵入したウイルスと闘っている証拠。
カラダの免疫細胞が働くときには、酵素が重要な役割を果たしているのでふが、この酵素の働きが活発になるのが、およそ37℃の、平熱よりも少し高いくらい温度です。(健康維持のための体温を上げるためには水素が有効)
いつもこれくらいの体温でいることが、免疫細胞にとっては都合が良いのです。

感染症による‪一時‬的な発熱であれば、41℃を超えるまではそこまで心配する必要はないと言われているため、普段から軽い運動をして、カラダの基礎代謝を上げたり、全身の血流を良くして、体温維持に努めることは、免疫力アップには必要な方法なのです。

2.バランスの良い食事

免疫力は「腸でつくられる」ともいわれています。
免疫細胞を作り出すためには、良質なたんぱく質や、脂肪、ビタミンやミネラルなどの栄養素に富む食材をバランスよく食べるようにしましょう。 

ただ単にさまざまな食品をたくさん食べるだけではなく、腸内環境を整えて、消化作用を高めておくことも必要です。(水素も腸内環境を元気に導きます)

納豆や味噌、ヨーグルトなどの発酵食品には、腸内環境を整える働きがあります。
また、食物繊維が豊富なお野菜や海藻類などにはビタミンやミネラル類も同時に摂取できるものもあるため、より効果的に免疫力を高められます。

3.水素・水素水摂取の習慣

上記の1と2の2つのポイントを踏まえて、体温維持や腸内環境を整えるためには、水素・水素水がおすすめです。

水素には血流をよくする作用があるため、入浴時にはシャワーだけではなく、ぬるめのお湯に水素入浴剤を入れた湯船にゆっくりつかることを習慣にしましょう。水素入浴剤よりも有効で

経済的でおすすめな水素風呂はこちら↓↓

https://system.litaheart.com/V67296


普段は、脱ぎ着できるような、体温調節しやすい服装を心がけたり、少しの時間でもいいので軽い運動を毎日続けることを習慣にしましょう。

水素の抗酸化作用により、運動時に生じる活性酸素を除去して、疲れのたまりにくいカラダづくりも可能です。
そのためには常に発生させた

状態の水素水をつねに持ち歩く習慣をつけ

頻繁に飲むことが大切。

免疫力を高めるために水素・水素水を取り入れて、ウイルスなどの病原体に負けないカラダづくりをはじめましょう。

**********************

いつでもどこでも手軽に純粋な水素だけを
発生し続けた状態で
取り入れてることが出来て持ち歩くことが出来る

いつものお水を水素水に変えることで
いつの間にか毎日の習慣になっていました。

✅最近肌のトラブルが多い
✅朝日スッキリと目覚めることが出来ない
✅便秘なので腸内環境が悪い気がする
✅カラダの調子が悪い
✅身体や肌に年齢を感じてきた

そんな悩みを解決

あなたはもっと綺麗になれる✨✨✨

水素の力で元気で活き活きした毎日を
水素の力で美しく若々しさを保つ
水素の力で疲労がスッキリ
水素の力で身体の内側から健康に

身体の健康が気になるあなたへ

潤いを与えて若々しく健康なカラダへ✨

↓↓↓↓↓
dreambeauty”STOARES
https://dreamdreamw.stores.jp/items/5e378f4894cf7b5a2be7ebf6

海外からのご注文も受付ています。
海外オンラインショップはこちら↓✨

Hydrogen-rich water
Hydrogen generation stick online shop
https://www.ebay.com/itm/153819869309

*本日、国内・海外同時
新製品発売のため
在庫が追いつかない場合がございます。
申し込みの順番に発送させて
頂きますのでご了承下さい

正規販売代理店・仕入れ
ご相談応じます。
dreambeauty.kenko@gmail.com

関連記事

  1. 【弊社新商品今月から販売開始✨…

  2. 始めよう!水素水で美と健康習慣

  3. 腸内美人をめざす!

  4. 水素ガスを吸おう!

  5. 水素水と水素風呂と水素ガス

  6. 弊社の水素スティックと他者の水素スティックの違い

  7. その水素、運べますか?

  8. 女性の味方「ヨモギ」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。